Product Department

動画配信システムを支える仕事

プロフェッショナルの力を結集して
課題を解決

プロダクト部は、Huluの技術管理を一手に担っており、プログラマー、配信・インフラエンジニア、プロジェクトマネージャー、デザイナーなど様々なバックグラウンドや経験・経歴・スキルを持った者が在籍し、役割によって4つのチームで構成されています。
それぞれのチームが独立して業務を進めるのではなく、1つのチームのように意見交換やディスカッションを行い、すべてのメンバーが日々更新される技術革新に触れながらシステムのアップデートを実行しています。常にお客さまにとって最善のサービスとは何かを求め続け、コンテンツ配信サービスの向上を支えています。

エンジニアチームEngineer team

Huluでは、コンテンツ配信システムの開発を協力会社とともに進めています。お客さまが求める新機能やサービスなどをグループ会社が開発するシステムに反映させるためにリサーチを行い、技術仕様などを最終的に決め、Youboraなどの分析ツールを活用してトラブルシュートや視聴体験の向上を担うのがチームの役割です。

UI / UXチームUser Interface/User Experience team

UI/UX チームは、Webやモバイルアプリ、テレビなどの視聴機器に搭載するアプリケーションのデザインや挙動に関する要件定義などを担当し、お客さまがHuluを楽しんでいただくために、いかにわかりやすく、迷うことなく、最短距離で目的が達成できるかを考えています。例えば、この導線上でお客さまにとって一番分かりやすい挙動は何か、ここをタップしたらどういう動作をするのかといったことを考え、使いやすく心地よいシステムになるよう設計しています。
新しい機能をリリースする前には、社内の関連部署によるβ版でのレビューや、ディスカッションによって意見を収集します。また、お客様からのご意見やアプリレビューなどのデータも参考にしながら、新機能の実装による利便性の向上や、情報の再設計による導線短縮などによって、実際にお客様の使い勝手がどのように向上したかを検証し、さらなる改善を行っています。

QAチームQuality Assurance team

QAチームは、開発されたアプリケーションに不具合がないかをチェックするだけでなく、仕様通りに実装されているか、新機能の実装によって既存機能に影響を及ぼしていないかなどの検証を行います。また、テスターから上がってきたバグの対応に優先順位を付けることで、検証結果をどのように開発側にフィードバックすれば、より効率的にシステム開発に反映されるのかなどを日々検討しています。
そのため、QAチームはシステムの設計段階からシステム開発に関わるディスカッションに参加し、どういった目的や経緯から新たな機能が開発・実装されたのか、その意図を把握し、検証することで効率的にUATをこなせるようにしています。

プロダクティビティチームProductivity team

プロダクティビティチームは、日頃お客さまからいただくさまざまなご意見や、社内の各部門から上がってくるアプリケーションの追加機能要望や改善要望などのリクエストなどを整理し、システム開発に着手できる状態にまで仕様をまとめ上げています。
個別に上がってくる要望は、全社的に見ると他の導線に影響が出てしまうことがあったり、今ある他の機能が提供できなくなったりすることもあり、そうしたことを避けるために、システムの整合性を担保しながらそれぞれの要望をまとめ上げています。

自発的に課題を見つけて提案する
人間力が発揮できる職場

Huluでは2014年から独自のコンテンツ配信システムの開発を進め、2017年5月にローンチしました。ただ、当初のシステムはお客さまの視聴体験に影響するようなトラブルが発生することもあったため、1つ1つ課題を解決し、安定したサービスの提供に努めてきました。並行して新機能の開発なども進め、システムの拡張性や汎用性、開発スピードなどを改善するには、既存システムを根本的なレベルから改修する必要があると判断し、2019年度に大規模なシステム更新を行いました。
このシステム更新によって、低ビットレートでも高画質の映像が提供できるようになり、全体のトラフィック量を最大50%抑制することに成功しました。その際、例えばエンコードエンジンなども単に既存製品へリプレースするだけでなく、製品選定から行い、海外メーカーやグループ会社のエンジニアと協力しチューニングに時間をかけ、細かいトライアンドエラーを繰り返し、適切な設定を見つけ出しました。こうしたチャレンジもプロダクト部から経営側に対して積極的に提案し、より良いサービスの実現を目指しています。
また、世界各国で開催されているエンジニア向けのイベントに参加することができ、積極的に最新サービスのキャッチアップや技術・知識を習得することができます。
自発的に課題を見つけ、その解決に向けて自らがリーダーシップを取る、そんな人間力を持っている人材が活躍できるフィールドがHuluのプロダクト部には整っています。